取引単位軸のランキングについて

取引単位が小さいとその分、取引をするために最低限必要なお金(証拠金)が大きく減り、少額から投資可能になります。
なによりリスクが抑えられるのが大きなメリットです。
とは言え、少額取引可能でもスプレッドが広がりやすいと結局利益に繋がりません。
そこで少額取引とスプレッドを加味してランキングにしています。ぜひ参考にしてください!

順位
FX会社
少額取引
1,000通貨単位の取引が可能な通貨数
取引手数料
ポイント
公式サイト

>>公式サイトへ

1,000
通貨

優良

超狭

  • 少額取引が可能なうえでスプレッドも小さいので気軽な取引が可能
  • 取り扱いをしている通貨すべてで少額取引が可能

>>公式サイトへ

1,000
通貨

優良

超狭

  • 適度に多い通貨ペアすべて1,000通貨から可能
  • スワップも一貫して高い上少額取引可能と至れり尽くせり

>>公式サイトへ

1,000
通貨

広い

  • ごく幾つかの通貨を除き基本1,000通貨から取引可能
  • スプレッドが高めなのでそこだけがネック

>>公式サイトへ

10,000
通貨

普通

超狭

  • スプレッドがまず開かないので、取引手数料が全然かからない
  • 10,000通貨からしか取り扱いがないのがネック

>>公式サイトへ

10,000
通貨

普通

狭い

  • 使用感としてはDMM.FXに近く、取引手数料が安い
  • ただし10,000通貨からの取り扱い。今後の取引可能通貨ペア数の増加に期待

>>公式サイトへ

1,000
通貨

狭い

  • 1,000通貨取引可能な取り扱い通貨数が多い!
  • スプレッドが開きやすい時間帯が存在するので頭に留めておくこと

>>公式サイトへ

1,000
通貨

普通

  • 1,000通貨から取引可能だが、取り扱い通貨ペア数がそもそも少ない
  • スプレッドが広めなので取引手数料がかかりがち

>>公式サイトへ

1,000
通貨

普通

狭い

  • 基本は1,000通貨からの少額取引だが…
  • 100,000通貨からの取引の通貨ペアもあるので注意が必要

>>公式サイトへ

1,000
通貨

広い

  • 取引単位は1,000通貨からなものの、取り扱っている通貨ペア数が少ない
  • 取引手数料が比較的高め

>>公式サイトへ

1,000
通貨

普通

  • 少額取引可能なものの、スワップ自体は低めの部類
  • 安全に投資しつつ長期で稼ぐなら上位のFX会社に譲るところがある