FXはいつ売買できる? 取引時間の基礎知識や各国市場の取引時間帯を解説!

たとえば東京証券取引所が平日9〜11時30分と12時30分〜15時と定められているように、株式市場では取引できる時間が限られています。外国為替市場の場合はどうなっているのでしょうか? 

FXの取引時間に関する基礎知識や、海外市場の取引時間などについて、初心者の方にもわかりやすく説明します。

1日のうちでFXの取引が可能な時間帯は決まっているの?

東京外国為替市場と呼ばれる日本国内の取引が本格的に行われるのは、9〜17時頃の時間帯となります。もっとも、「平日24時間にわたって取引が可能」と言われているように、先述の時間帯以外でもFXの取引は可能です。

なぜなら、日本が夜を迎えて国内における取引がストップしていたとしても、海外の市場がオープンしているからです。各国の外国為替市場は東京市場と同じように、現地時間で9〜17時頃に取引が活発化します。

時差があるので、地球の自転とともに東から西へと取引の中心地が移っていくことになります。

各国の市場がオープンしているのは、日本時間でいつ頃の時間帯になる?

最も早くオープンするのは、新しい1日の起点となる日付変更線に程近いニュージーランドのウェリントン市場で、日本時間の早朝5時頃(サマータイム)から取引がスタートします。続いて隣国であるオーストラリアのシドニー市場もオープンし、東京、シンガポール、ドバイ、フランクフルトへと取引の中心がシフトし、日本時間の16~2時頃(サマータイム)には世界最大の取引量を誇るロンドン市場で活発な売買が繰り広げられます。

最後にタスキを受け継ぐのはニューヨーク市場で、日本時間の21〜6時頃(サマータイム)まで取引が行われ、その動向が翌朝のウェリントン市場やシドニー市場、東京市場などにも影響を及ぼしがちです。こうしたローテンションで、平日の外国為替市場はグローバルに24時間体制で取引が続いていきます。
なお、ウインタータイム(冬時間)が適用される時期は、日本時間が「+1時間」となります。サマータイムとウインタータイムの時期は、国や地域によって異なっています。

FXの取引にとって最適な取引時間帯はいつ? 注意すべきポイントとは?

先に述べたように、外国為替はグローバルにバトンタッチ式に取引が続けられていますから、日本時間の夜間や祝日でも海外の市場がオープンしていれば、FXの取引が可能です。サマータイムの適用期間中で言えば、日本時間で月曜日の5時頃を起点に土曜日の6時頃までいつでもトレードを行えることになります。

言い換えると、土曜日の6時過ぎ〜月曜5時前までの週末期間中は取引ができないわけです。また、元日(1月1日)は取引が行われず、クリスマス(12月25日)や大晦日(12月31日)は時間を短縮しての取引となるのが通常です。

取引可能な時間帯の中でも、折々で特徴的な推移を示すことがあるので、そういった特性も知っておいたほうが有利に働くでしょう。その一例が日本時間の8〜10時前です。

毎朝9時55分に国内の金融機関は、輸出入業者などに提示するその日のTTM(対顧客相場=仲値)を決定します。その動向に応じて、取引が活況となることがあります。

「五十日(5と10が付く日)」の中でも、毎月5・10日は特に企業の決済が集中しています。このため、仲値の決定前には輸入業者のドル買いが旺盛になって、円安・米ドル高に振れやすいと考えられています。

一方、ロンドン市場がオープンしている日本時間の16~2時頃も、特徴的な動きが見られがちです。やはり、身近な存在のユーロをはじめとする欧州通貨とのペアが盛んに取引されやすく、大幅なレートの変動を伴うケースも少なくありません。

さらに、日本時間の21〜6時頃はニューヨーク市場で取引が活発化し、22時30分には米国株の取引もスタートするので、その影響も受けやすくなります。特に米国の主要な経済指標が発表された直後には、急激な変動を伴うことが珍しくありません。

21〜2時頃はロンドンとニューヨークで並行して取引が進められており、それだけ参加者も多いので、相場の変動も大きくなりやすいと言えるでしょう。24時に通貨オプション取引の権利行使のタイムリミットを迎える点にも要注意で、それを巡る思惑からまとまった売りや買いが飛び出す可能性が考えられます。

これらの特性も念頭に置いたうえで、初心者やまだ経験の浅い投資家は、東京市場やロンドン市場、ニューヨーク市場の取引時間中に的を絞ってトレードを行うのがおすすめだと言えるでしょう。なぜなら、これら以外の市場は取引量が相対的に少ないため、相場の方向感(トレンド)が定まりにくく、相応の経験がないとなかなか攻略しづらいからです。

まとめ

グローバルに取引が続けられていき、平日は24時間体制でいつでも売買が可能となっているFXですが、世界的にも特に注目され、取引参加者も多いのが東京、ロンドン、ニューヨークの三大市場です。これらの市場の推移は、他の市場にも大きな影響を与えがちだとも言えます。

日本で暮らしている投資家にとっては、生活のリズム的に最も合っているのは日本時間の日中に取引が行われる東京市場でしょう。ただ、仕事が忙しくて東京市場の動きをリアルタイムでウォッチできないという人も少なくなさそうですから、そのような場合は帰宅後にロンドンとニューヨークのオープンが重複している時間帯である21~2時頃(サマータイム)にターゲットを定めるのもおすすめです。