「ポンド」取引の基礎知識と取引のポイント

英ポンドは「英国ポンド」の略で、正式には「スターリング・ポンド(sterling pound)」といい、グレートブリテンポンド(Great Britain pound)の頭文字を取ったGBPの略称が用いられています。

英国は共通通貨のユーロを採用せず、EU(欧州連合)からも離脱し、多くの欧州諸国とは大きく異なる路線を進んでいます。その法定通貨である英ポンドにはどのような特徴があるのでしょうか?

英ポンドの基本情報について知っておこう

英ポンドはとは、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(UK=United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)を構成するイングランドおよびウェールズの法定通貨です。また、法で定められているわけではないものの、同じくUKに属するスコットランドや北アイルランドでも流通しています。

米国と米ドルが台頭するまで、イギリス帝国は世界的に絶大なる権勢を誇り、英ポンドもイギリス連邦諸国での流通にとどまらず、基軸通貨として国際的な決済にも広く用いられていました。今でも例えば、エジプトではエジプト・ポンドが使用されていますが、単にポンドと呼んだ場合は英ポンドのことを指すのが通例です。

正式名称である「スターリング・ポンド」は「純銀製のポンド」を意味し、かつての銀本位制の名残です。米ドルを表す記号が「$」であるのに対し、英ポンドは「£」で、「Libra(天秤)」というラテン語の頭文字に由来しています。

英ポンド/米ドルの取引量は、ユーロ/米ドルや米ドル/円に次ぐ規模に達しています。もっとも、英ポンド貨幣の流通量は米ドルやユーロ、日本円に比べて少ないうえ、取引に占める実需(貿易など)のウエートが低いことから投機の対象となりがちで、価格変動も他の先進国通貨と比べて大きくなりやすいという特性があります。

過去には、1992年9月には「ポンド危機」と呼ばれる大混乱も発生しました。ジョージ・ソロス氏をはじめとするヘッジファンド(いわゆる投機筋)は、英ポンド相場が実勢と比べてかなり割高であることに着目し、大量の売りポジションで勝負を仕掛けました。
これに対し、英国中央銀行は巨額の為替介入に踏み切るとともに、1日のうちに2回にも利上げを実施して5%も金利を引き上げて対抗。しかし、投機筋の売りは強烈で英ポンドは暴落し、その翌日に英国は欧州為替相場メカニズム(European Exchange Rate Mechanism=為替の変動を抑えるスキーム)からの離脱を余儀なくされました。

英ポンド取引のポイントとは?

値動きが大きくなりやすいという英ポンドの特徴からは、2つのことが示唆されると言えるでしょう。その1つは、初心者がいきなりチャレンジするには少々ハードルが高すぎるということです。

相場の急変に対応して臨機応変に利益確定や損切り(損失を小幅にとどめるための処分売り)を行う必要があるため、それなりにFXの取引に慣れてから手を出すのが無難でしょう。もともと値動きが派手になりやすいうえ、英国はブレグジット( Brexit=英国のEU離脱)という大きな問題を抱えています。

2016年6月に実施された国民投票で過半数に達したことから、英国は2020年1月31日にEUを離脱しました。離脱時期は3度も延期され、英ポンドの為替相場もこうした動きに翻弄されてきたうえ、今後のEUとの関係についても依然として不透明なことが多く、相変わらずこの問題が少なからず相場に影響を及ぼしそうです。

もっとも、そういった背景を踏まえたうえで、それなりの投資経験者が取り組む場合であれば、値動きが大きくなりやすいという英ポンドの特徴は、為替差益を狙いやすいというメリットとしても受け止められるでしょう。これがもう1つの示唆されることです。

ブレグジットの行方に加えて、英ポンド相場には英国の金融政策や政治経済の情勢も影響を及ぼします。英国中央銀行は年8回のペースで金融政策委員会を開催しており、FXで取引を行う際にはその動向をチェックすることが基本となってくるでしょう。

また、EU離脱に関する国民投票や議会選挙が実施された直後も英ポンド相場は大きく変動しており、今後もそういった政治的なイベントは注視したいところです。四半期ごとに発表されるGDP(国内総生産)やインフレレポート、毎月中旬に発表されるCPI(消費者物価指数)や失業率、失業保険申請件数、小売売上高、毎月下旬に発表されるCIPS製造業PMI(購買担当者景気指数)などといった経済指標の結果も見逃せません。

さらに、英国は北海油田を有していることから、原油相場が英ポンドに影響を及ぼすケースも見受けられます。EU離脱で表面化したスコットランドの独立を巡る動きについても、引き続き注意を払ったほうがよさそうです。

英ポンドの値動きが大きくなりやすい時間帯とは?

世界の外国為替市場において最も取引量が多いのはロンドン市場で、同市場がオープンしている時間帯に英ポンドが最も活発に売買されています。ウインタータイム(冬時間)では日本時間の17〜翌2時、サマータイム(夏時間)では日本時間の16〜翌1時です。


英ポンド/米ドルや英ポンド/ユーロはもちろん、英ポンド/円の相場変動もこの時間帯が大きくなりがちです。それを過ぎると、次第にボラリティ(価格変動率)が低下していくという傾向がうかがえます。

したがって、英ポンドのダイナミックな値動きに注目してFXのトレードを行うなら、ロンドン市場に的を絞るのが定石だと言えるでしょう。また、この時間帯に形成されたトレンドは、他の市場で継続していかないことが多い点にも留意しておきたいところです。

まとめ

かつては基軸通貨として世界的に君臨した英ポンドは、日本国内におけるFXのトレードでも高い人気を誇っています。ただし、値動きが派手で投機の対象となりやすいことがその理由であることには要注意です。

初心者がいきなり英ポンドとの通貨ペアに手を出すと、予想しなかった急な為替変動で損失を被りかねません。興味があっても、それなりに投資経験を積んでからチャレンジするのが無難でしょう。