円安・円高とは?

ときどきニュースでも聞く単語「円安、円高」
聞き覚えがある方がほとんどかと思いますが、これは何なのか。
簡単に説明します。
円高とは、他通貨に対する円の相対的価値が高い状態のことです。
簡単に言うと、他の国のお金より日本円が人気な状態です。

円安はその逆です。
他通貨に対する円の相対的価値が低い状態です。

例を出しましょう。
1ドル100円を基準として考えますね。

ある時これが1ドル110円になったとします。
この状態が「円安」です。
「えっ、円が増えたのに円安!?」
と思われる方もいるでしょう。

ですがこれは「1ドルを交換するのに必要な円の量が増えている」状態です。
価値の高いものにはより多くのお金を払いますよね?
それと同じです。

では、今度は1ドルの価格が90円になったとします。
この状態が「円高」です。
これは、「1ドルを交換するのに必要な円の量が減っている」状態です。

このようにどこかの国の貨幣と比べて円の価値がどうなっているのかを表す状態を、「円高・円安」といいます。