FXの初心者におすすめのFX取引口座とは?

FX(為替証拠金取引)とは、外国為替レートの変動によって発生する為替差益や、通貨を発行している国々の金利差に基づいて得られるスワップポイント呼ばれる収益を求めて行う金融取引です。様々なFX会社や証券会社で始められますが、どこを利用しても同じ条件で取引できるわけではありません。

しっかりと比較を行って、条件がより有利で取引ツールも使いやすいFX会社や証券会社を選びたいところです。ここでは、自分にぴったりなFX取引口座を探す際のポイントなどについてわかりやすく解説します。

FX取引口座を選ぶ際には、6つのポイントに注目!

FX取引口座を選ぶ際にきちんとチェックしておきたいポイントとしては、①取引にかかるコスト、②取引できる通貨ペア(銘柄)のラインナップ、③取引ツール、④スワップポイントの実績、⑤取引可能な最小通貨単位、⑥約定率−−などが挙げられます。それぞれについて、詳しく説明していきましょう。

①の取引にかかるコストには、取引手数料とスプレッドがあります。取引手数料を無料にしているケースも数多く見受けられますが、スプレッドは負担することになるので注意しましょう。

スプレッドとは、通貨を売る際に適用される外国為替レート(売値:Bid)と、通貨を買う際に適用される外国為替レート(買値:Ask)の間に設けられている価格差のことを意味します。その差は、投資家がFX会社や証券会社に対して支払う手数料に相当するのです。

同じ通貨ペア(銘柄)であっても、FX会社や証券会社によってスプレッドの設定には違いがあります。スプレッドの幅が狭くなっているところのほうがコスト負担は軽く、その分だけ利益の目減りが少なくなります。

②の通貨ペア(銘柄)についても、FX会社や証券会社によってラインナップが異なっています。自分が取引したい通貨ペアを取り扱っているかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

③の取引ツールもFX会社・証券会社ごとに仕様や選択できる注文方法などが違っており、デモ取引画面があればぜひともチェックしておきたいポイントです。初心者でも簡単に始められる自動売買ツールを用意しているところも多いので、それらもよく見比べてみましょう。

スプレッドとともに、④のスワップポイントにもFX会社や証券会社によって設定に少なからず違いが見られます。スワップポイントは「金利差調整分」とも呼ばれ、通貨ペアで金利が低い国の通貨を売り、金利が高い国の通貨を買うと、金利差を反映した利益が決済を行うまで日々得られます。したがって、高めに設定しているFX会社や証券会社のほうがおすすめです。

⑤の取引可能な最小通貨単位は、少額からチャレンジしてみたいと考えている人には見逃せないポイントでしょう。やはり、FX会社や証券会社によって設定が異なっているので、事前に確認しておきましょう。

⑥の約定率も、必ずチェックしておきたい項目です。約定率とは、自分が出した注文が希望していた条件で成立する確率のことを指しています。

スプレッドの幅が狭くなっていても、約定率があまり高くなければ、スリッページと呼ばれる現象が発生しやすくなります。スリッページとは、外国為替レートが急激に変動した場合などに、自分が希望した売買レートと約定レートとの間にギャップが発生する現象のことを意味します。

約定率が高くないと、スプレッドがどれだけ有利だったとしても、肝心の注文が自分の意図したレートで成立しづらくなるので、まさしく本末転倒です。

FXの初心者におすすめのFX口座やF X会社はどこ?

それなりに投資経験がある人で、FXではデイトレードのような短期売買を中心にしたいと考えていれば、取引コストの低さと取引ツールの使いやすさに重点を置いて取引口座を選ぶことになるでしょう。短期売買の場合、1回のトレードで追求できる利益の幅は限られてきますから、コスト負担は成否を大きく左右しかねません。それでは、デイトレード派ではないF X初心者の方におすすめのF X口座について、ポイント別にご紹介します。
・スプレッド(手数料)が低いF X口座
スプレッドの設定に関しては、特に取引が活発な米ドル・円やユーロ・円で見た場合、GMOクリック証券や外為ドットコム、DMM FXが特に低い設定になっているようです。もちろん、初心者や投資経験の浅い人にとっても、スプレッドの幅は狭くなっているのに越したことがありません。

初心者や投資経験の浅い人がいきなり短期売買を始めるにはハードルが高く、もっと長い時間軸で取引を行うことになるでしょう。そうなると、デイトレードなどと比べればコスト負担の微妙な差は気にしなくてもいいとも言えそうです。

先述した会社に次いで低めのスプレッドを設定しているところとしては、YJFX!やみんなのFX、FXブロードネット、JFX、LIGHT FX、セントラル短資FXなどが挙げられます。
・「超・少額取引」におすすめのF X口座
まずはごく少額からチャレンジしてみたいという初心者は多いでしょうが、多くのFX会社や証券会社は1000通貨もしくは1万通貨を最小取引単位としてします。しかし、SBIFXトレードでは1通貨単位から、マネーパートナーズのnano口座では100通貨から取引が可能となっています。
・スワップが有利なF X口座
為替差益よりもスワップポイントに注目して、中長期的なスパンで投資をしたいと考えている人もいるはず。そういった場合はスワップポイントが高めの設定になっているFX会社や証券会社にターゲットを定めるのがいいでしょう。

2020年9月中旬の時点で「米ドル買い・円売り」のケースでは、GMOクリック証券やDMM FX、セントラル短資FXが特に高めの設定でした。高金利通貨との組み合わせでは、「南アフリカランド・円売り」がLIGHT FX、「トルコリラ買い・円売り」ではYJFX!、「メキシコペソ買い・円売り」では外為オンラインが高めでした。
※ただし、スプレッドは変動します。
・初心者におすすめの通貨ペア
初心者におすすめの通貨ペアについては、グローバルに流通量が多く、レートの推移について頻繁に報道されている「米ドル/円」が筆頭に挙げられるでしょう。高金利通貨とのペアのスワップポイントに目をつけるのも一考ですが、スプレッドの幅が相対的に広いことや、流通量が限られていて値動きも荒くなりがちなことには留意すべきです。

まとめ

FXはどこの会社で口座を開いて取引するのかによって、その成果に意外と大きなさが生じるものです。どれを選らんでも結果は同じという“横並び”のほうが迷わなくてすむものの、有利なところを探せばより資産を大きく増やす結果につながりうるのも確かでしょう。

結果を左右するなら、最初の手間を惜しまずにとことん比較し、自分にぴったりなFX口座を見つけましょう。