FXの「両建て」とは?「両建て」のメリット・デメリットについて徹底解説!

両建てとは、同じ通貨ペアの「買いのポジション」と「売りのポジション」を同時に保有することです。こうしたポジションを建てることで、どのようなメリットが得られるのでしょうか? また、デメリットはないのでしょうか?

「両建て」は上級者向けの手法? むしろ、初心者向け!?

両建てとは、たとえば米ドル/円で「買いのポジション(米ドルを買って円を売る)」と、「売りのポジション(円を買って米ドルを売る)」を同時に建てることです。そのような取引を行うと、為替相場が円安・円高(米ドル高・米ドル安)のどちらの方向に動いても利益と損失が相殺されるので、まったく意味がないようにも思われます。

しかし、相場の上昇・下落がクライマックスに達したムードが漂う場面などでは、両建てが効力を発揮することがあります。

仮に円安・米ドル高が進んでいたとすると、そろそろ天井をつけるのではないかと思い始めた段階で、まずは米ドル/円の「買いのポジション」を決済して利益を確定させます。そして、その後に相場が反転し、米ドル/円の「売りのポジション」で発生していた評価損が先程の利益よりも小さくなった段階で残りを決済すれば、トータルでプラスの収益が得られます。

おそらく、FXの初心者はここまで読んで、「自分にはとても無理」と思ったことでしょう。その見解は正しく、両建ては相応の投資経験やスキルがなければ、失敗する可能性の高い手法だと言えます。

FXのトレードには慣れているという人も、両建てのリスクやデメリットをきちんと理解したうえで取り組むことが大切です。FX会社によっては、両建てを行うと売りと買いのポジションのそれぞれにおいて証拠金が必要となることにも注意が必要です。

両建て取引のメリット・デメリットは何?

両建てのメリットとして挙げられるのは、ロスカットのリスクを抑えられることです。ロスカットとは、評価損が発生してその分だけ口座残高が減少し、所定の証拠金維持率を下回った場合に行われる強制決済です。

両建てにすれば、片方のポジションで評価損が発生していても、もう片方の評価益で相殺されて、口座残高の減少を食い止められます。両建てでロスカットを防ぎながら、相場が反転するのを待つことが可能となるわけです。

ただし、あくまでこの作戦は短期間しか通用しないと思ったほうがいいでしょう。両建ての場合、どちらかのポジションでスワップポイントが得られると同時に、片方のポジションではスワップポイントの負担が発生します。

FX会社の多くは負担するスワップポイントのほうを高めに設定しており、両建てにすると差額分の負担が日々発生することになるのです。また、両建てにすると投資家が負担するコストであるスプレッド(売値と買値の差額)も、通常の取引の2倍になってしまうため、取引量が多いほど軽視できないポイントとなってきます。

こうしたことから、金融先物取引業協会は「経済合理性を欠く取引」と捉えており、FX会社の従業員向けに作成した資料にも「両建てを勧誘することは禁止」と記しています。多くのFX会社が「両建ては推奨できません」とのメッセージを発しているのは、そのような背景があるからです。

両建てという手法を活用すると、どんな戦略を打てるのか?

相場の天井圏や底値圏における両建ての手法について先述しましたが、他にも様々な活用法が考えられます。その一例は、長期的な見通しと目先の展開が真逆になりそうなケースで用いるものです。

たとえば、長期的に米ドル高・円安の傾向が続くと予測し、米ドル/円の「買いのポジション」を建てていたとします。足元では米ドル安・円高に流れが反転しているものの、あくまで一時的な現象にとどまると思ったら、併せて米ドル/円の「売りのポジション」を建てます。そして、再び米ドル高・円安基調に戻り始めた頃合いで「売りのポジション」を決済すれば、短期的に逆の動きを示した局面でも利益を確保できます。

あるいは、米国の「雇用統計」などのように重要指標が発表される直前に、両建てのポジションで待ち構えておくという手法も考えられるでしょう。指標の数字が事前予想を上回るのか、それとも下回るのかは、フタを開けてみるまでわからないからです。

両建てにしておけば、相場がどのように動いても、どちらかのポジションで利益を稼ぐことができます。もう片方のポジションでは評価損が発生しますが、相場が急伸した後には多少なりとも揺り戻しがあるので、そのタイミングで決済する手が考えられます。

さらに、節税対策で年越しのポジションを持つ際にも両建てを活用する手が考えられます。年内にそのポジションを決済すると年間収支がプラスとなって税負担が生じるので、できればそのまま年明けまで持ち越したいというケースです。

年末年始の休暇を挟んでポジションを保有し続けると、どうしても為替の変動リスクが高まることになります。そこで、保有中のものと同じ通貨ペアで逆のポジションを建てて両建てにするわけです。そうすれば、年末年始を挟んだ相場の急変によって最初から建てていたポジションの含み益が減少しても、新たに建てた逆のポジションがカバーしてくれる格好になります。

まとめ

とはいえ、活用法次第では、ロスカットのリスクを抑えたり、経済指標発表時に対応できたりといった具合に、両建てがメリットをもたらしうるのも事実でしょう。過去の相場を振り返りながら、「この局面で用いていたらどうなっていただろう?」とシミュレーションを繰り返し、両建ての効用を自分なりに研究してみるもいいかもしれません。