FXのプロトレーダーになるための必要なステップとは?

プロトレーダーとして活動、生活をしていくためには、
コンスタントな収益を上げられるだけの実力がなければなりません。
プロトレーダーになるための重要なポイントとプロセスについて解説していきます。

FXトレーダーのプロとアマの違いってなに?

まずはプロとアマチュアの違いについて見ていきましょう!

<プロトレーダー>
・トレードで利益を上げる
・損失を最小限にとどめる
・資産管理とリスク管理を行なう
・中長期的に損益のトータルがプラス

損切りが連発するような状況が訪れた場合、
目先の損失、利益に感情が左右されているようでは、プロのトレーダーに向いていません。本当のプロトレーダーは、“自己ルールをしっかり守った結果、損益が出ても仕方がない”と割り切ることができるのです。

<アマチュアトレーダー>
・ルールを頻繁に変えてトレードを行う
・損切りが遅い、ポジションを塩漬けにする
・資産管理、リスク管理ができていない。
・中長期的に損益のトータルがマイナス

アマチュアトレーダーの場合は“自己ルールを徹底したのに、なぜ勝てないのか?”と思うケースが多く、自己ルールを変更し、冷静さを失い、安定して利益を上げることが出来なくなります。

損失が出ている状態だからこそ、
自分のルールを守って最善を尽くし次のFX取引に繋げていく事が重要になります。

プロトレーダーが使用する戦略と手法とは??

・中長期のレンジ相場を自動売買で稼ぐ
通貨ペアには、数年単位で一定の値幅で推移しているものがあります。
そうしたレンジ相場を形成する通貨ペアは、
自動売買という「取引を自動化できるサービス」を使うことで、効率的に稼ぐことも可能です。

自動売買は他のトレーダーの運用を再現しやすことも特徴。
トレード技術を真似ることは難しいが、
自動売買の設定を真似ることはFX初心者でも出来ます。
また、自動売買による日々のFX取引はFX会社のシステムが行うため、
サラリーマンなどでもトレード時間に煩わされずFXを実践できることも特徴。

・複雑なテクニカル分析やトレード手法は使わない
「強いトレンド相場で稼ぐ」「中長期のレンジ相場を自動売買で稼ぐ」の
どちらの取引戦略もシンプルで、複雑なテクニカル分析やトレンド手法は必要としない

 FX初心者は再現性が低く難しいトレード手法に拘らない方がいい。単純な戦略ほど、
ミスをしても改善方法がわかりやすいため、FXに慣れていない人こそ向いている。

プロトレーダーになるためのステップとは

ステップ1:トレードの知識を身に付ける
知識不足の場合エントリー、決済のタイミングが見極められません。
下落トレンドの最中に反転すると思い込んで、買いエントリーしたり、
ゴールデンクロスの買いサインにだまされて買ったりしてしまいます。
また、決済のタイミングがわからなければ、利益を逃し、損失が大きくなる原因になります。

ステップ2:自分に合うルール、トレードスタイルを見つける
自分に合ったトレードスタイルを見つける事は重要なポイントです。
トレードスタイルは、売買の時間軸の長さに応じて3つに分けられます。

・スキャルピング
・デイトレード
・スイングトレード

まとめ

プロとアマの違いは、相場を読む力やトレードの技術などが挙げられますが、
最大の違いは『ルールを守り続けているか』ということに尽きます。
まずは自己ルール、自己スタイルを見つける事を意識してはいかがでしょうか?
また、実際に成功しているプロのトレード技術を参考にするところから始めてみるのも、
トレードスキルを向上させるためにも有効です。