FXはハイリスク?ギャンブル?

FXは他の投資と比べて
「ハイリスクハイリターンな投資だし、ギャンブル要素が強そうで怖い」
といったイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

実は、リスク管理が出来ていればそんなことはありません。
リスク管理が出来てない人が悪目立ちし、結果そのイメージが付いているだけです。
では実際にリスク管理を行えずにハイリスクハイリターンで取引をしている状態とはどんな状態でしょうか?
このページでは、実際に多い例を5パターンを紹介します。

例1 レバレッジの上げすぎ

たとえば、運用資産100万円で、レバレッジ10倍で取引してるとします。
すると、1,000万円分のお金を取引している状態になります。

当然、値動きによって動く損益も10倍になるので、とんでもないハイリスクハイリターンになってしまいます。
損が少しでも膨らんだ時に、ロスカットがすぐに働くために、ちょっとした値動きですぐに手元の資金が消えてしまうためです。

リスク管理を行うために、自分の身の丈に合ったレバレッジで取引を行うことです。
そして一攫千金狙いのギャンブルにならないよう心がけるべきです。

例2 取引ルールを把握してない

特に危機意識を持たず、なんとなく始める方が時たまいます。
このようになんとなく始めるとまず間違いなく負けます。

一例ですが、ビギナーの方に
「FXとは安いときに買って、高いときに売るものでしょ?」
と考えてる方がいます。

確かに間違ってはいませんが、それはあくまで取引方法の1つです。
損を回避するために、スワップスプレッドのことやロスカットなど、最低限覚えるべきことは覚えるべきです。
もう少し踏み込んで勉強するなら分析方法なども知っておくとよりリスク管理に繋がります。

なんとなくで売買をするよりも
「知識を1つでも増やすことが、自分を損から守る武器」
になる世界なのです。

勿論実践の中でしか学べないこともありますが、前提としての知識があるのとないのでは雲泥の差です。

例3 ポジションを持ちたがる

ポジションを持ちたがる、とは
「常にポジションを持っていないとならない」と思い込む強迫観念に近いです。

資金限界までポジションを持とうとしたり、やたらたくさん決済を繰り返したりしたがる状態になったら注意です。
勿論、細々たくさん決済を繰り返すため取引コスト=スプレッドの影響も大です。

1番怖いのは、損得よりも取引をしていること・ポジションを持つことに快楽を覚えてしまうことです。

取引コストも増大するので損得を勘定すると結局マイナスなんてザラです。

例4 損切りをしない・出来ない

FXで勝ち続ける思考は、得を追い求めるより、損を素早く見切ることです。
初心者やFXをギャンブル感覚で行ってる方には含み損を抱えたポジションを上手く切れない方がいます。
結果的にマイナスが嵩み、ロスカットでどんどんお金を溶かす。
そんな状況に陥りがちです。

FXだけでなく、投資はどんな世界もそうですが勝ち続けている大金持ちでもマイナスで終わる投資があります。
彼らが大金持ちになれた所以はこの損をいかに早い段階で見切るかの見極めが上手いからこそです。

計画的で損が小さい損切りが出来るようになることが、真のリスク管理です。

例5 凄く小さい利益で決済する

こちらは損切りできない状態の逆です。
たとえばたった10円しか利益が出てないのに即効で決済したりすることを指してます。

「別にごく小さな利益でも、プラスなら問題ないのでは?」

と思われるでしょう。
ですが、プラスが小さいと損切りをする時にマイナスのダメージが大きくなります。
すると利益は利小損大になり、口座のお金は徐々に溶けてしまいます。

なのでちょっとの利益が出たからと言って焦らないことです。
損切りは早めに、利確は慌てない。これがリスク管理の鉄則です。