FXのテクニカル分析が基礎からわかる!分析手法や注意点をわかりやすく解説!

テクニカル分析とは、過去から現在までのレートの推移を記した為替チャートを検証し、その値動きのトレンド(方向性)やパターン(法則性)を導き出して、今後の展開を予想するという手法です。様々な観点から相場の行方を探るために、多彩なテクニカル指標が考案されています。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いは?

FX取引で用いられる、外国為替市場の今後を予想するための手法は、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析に大別できます。テクニカル分析はこの記事のメインテーマですので、詳しく解説することにしましょう。

ファンダメンタルズ分析とは、通貨発行国や世界の政治経済情勢、金利や株価の動向などをリサーチし、それらが為替相場に及ぼす影響を踏まえて今後の見通しを占うという手法です。ファンダメンタルズという言葉の直訳は「経済の基礎的条件」で、「為替相場を取り巻く環境」といった意味合いになります。

これに対し、冒頭でも手短に解説したように、テクニカル分析では為替チャートやテクニカル指標を手掛かりに今後の行方を予想します。ファンダメンタルズ分析を行うためには金融や経済に関する相応の知識が求められますが、テクニカル分析は為替チャートやテクニカル指標を用いて視覚的に相場の情勢を読み解けるので、FXの初心者でも比較的取り組みやすい手法だと言えるでしょう。

テクニカル分析の種類と主なテクニカル指標

テクニカル分析には、いくつかの異なるアプローチがあります。その一つが相場の方向性を見定めるトレンド分析で、大半の為替チャートにおいて表示されているローソク足も広義にはその範疇に入ります。

一方、トレンドの強さや相場の過熱感を探るのがオシレーター分析です。オシレーターとは、「振り子」や「振り幅」を意味し、一方向に振れた振り子が逆方向に戻るように、過熱した相場にも揺り戻りが訪れるという考えによって成り立っています。

さらに、チャートの推移の特徴的なパターンから今後の展開を読み解くのがフォーメーション分析です。ダブルトップ(二番天井)やダブルボトム(二番底)、トライアングル(三角保ち合い)がその代表例で、上昇・下落のピークアウトや新たなトレンドの出現などを予想できます。

テクニカル指標は、トレンド系とオシレーター系に大別できます。その名の通り、トレンド分析に用いるのがトレンド系で、その主な指標としては、移動平均線(MA)、MACD、ボリンジャーバンド、一目均衡表などが挙げられます。

やはり、オシレーター系はオシレーター分析のモノサシとなるもので、過去の値動きをもとに現状のレートが割高か割安かを判定します。オシレーター系では、RSI、ストキャスティクス、移動平均線かい離率などがよく用いられています。

テクニカル指標を用いた分析手法をわかりやすく解説

それでは、F X初心者の方のためにトレンド系とオシレーター系の主要なテクニカル指標について簡単に解説しておきましょう。

移動平均線(Moving Average)は、一定期間ごとにおける「終値の平均値」の変化を示したものです。

移動平均線が右肩上がりを描いていれば上昇トレンド、右肩下がりを描いていれば下降トレンドにある可能性が高いと判断できます。通常のチャートでは平均値の対象期間が異なる2本の移動平均線が描かれており、期間の短い移動平均線(短期線)で目先の動き、期間の長い移動平均線(長期線)で全体的な潮流を把握します。

ボリンジャーバンドは、統計学の標準偏差の考え方に沿って考案された指標です。本来、為替レートは移動平均線に寄り添うように推移し、大きくかい離する動きを示しても、それは一過性の現象にすぎないと考えられています。

そこで、ボリンジャーバンドでは為替レートが最も収れんしやすい移動平均線を軸に、その次に接近しやすい上限・下限の価格帯を+1σ(シグマ)・-1σ、その次に確率の高い価格帯を+2σ・-2σと定めています。+2σ〜-2σの帯は、トレンドの転換点が訪れると幅が狭くなり、上昇・下落のいずれかのトレンドが明確になると広がる傾向があります。

MACDは「移動平均収束拡散手法」と呼ばれ、「直近につけた為替レートのほうが今後の値動きに大きな影響を与える」との考え方に基づいて、「指数平滑移動平均」という特殊な平均値を用いています。「短期の指数平滑移動平均−長期の指数平滑移動平均」の推移をグラフ化したMACDと、MACDの移動平均の推移を示した「シグナル」という2本の曲線の動きをもとに相場の情勢を分析します。

MACDが「シグナル」を上抜く現象を「ゴールデンクロス」と呼び、「買いのシグナル」と位置づけています。逆に下抜く現象が「デッドクロス」で、こちらは「売りのシグナル」とみなされています。

RSI(相対力指数)は、一定期間中における為替レートの上昇幅と下落幅から価格変動の強弱を数値化したもので、為替相場の過熱状況(買われすぎ・売られすぎ)を判断できます。一般的にはRSIが25〜20の水準を割り込むと売られすぎ、70〜80の水準を超えると買われすぎと判断するのが大まかな目安となっています。

一目均衡表は、転換線、基準線、先行スパン(2本)、遅行スパンと呼ばれる5本の線から構成されています。基準線が上向きなら上昇トレンドで、ローソク足がその上の水準にあれば、上昇の勢いは強いと判断します。

先行スパン1と先行スパン2に挟まれた部分を「雲(抵抗帯)」と呼び、ローソク足がその上に位置すると相場の勢いは強く、下に位置すると弱いとみなします。弱い相場が続いた後、ローソク足が「雲」を突破すると上昇の勢いが加速したと考えます。逆に、「雲」を下抜けると下落基調が強いと判断します。

ストキャスティクスとは、一定期間中の高値と安値における値幅に対し、現状の為替レートがどの程度の水準に達しているのかを数値化したもので、「%K」と「%D」と呼ばれる2本の曲線から構成されています。「%K」が「%D」を上抜くと「買いのシグナル」、「%K」が「%D」を下抜くと「売りのシグナル」と捉えます。

移動平均線かい離率とは、為替レートが移動平均線とどれだけかけ離れた動きをしているのかを数値で示したものです。かい離率が高まると、移動平均線に向かって為替レートが収れんしていく可能性が大きくなっていると判断します。

テクニカル分析で気をつけること

テクニカル分析は基本的な知識さえ身につければ、FXの初心者でもすぐに始められる相場予測法です。ただし、「相場は過去と似たようなパターンを描きながら推移する」という経験則を前提としたもので、過信は禁物だと言えるでしょう。

必ずしも、過去と同じようなパターンを描くとは限らないからです。もしも、テクニカル分析が相場の底と天井を100%の確率で判定できるなら、誰もが大儲けできるはずです。

また、先述したMACDの「ゴールデンクロス」をはじめとする「売買のシグナル」は、実際に相場の流れが転換した地点よりも少し遅行して出現する傾向がうかがえます。しかも、「売買のシグナル」には“だまし”と呼ばれる現象が発生することがあり、相場の転換を期待してシグナルの指示に従っても、アテが外れてしまうケースが見受けられます。

さらに、テクニカル指標によって得手・不得手があることにも留意すべきでしょう。たとえば、RSIは相場の急変時に極端な推移を示し、正確な判断が困難となりがちです。

したがって、タイプの異なる複数のテクニカル指標を組み合わせて、総合的に判断するのが賢明でしょう。実際に取引を始める前に、様々なテクニカル指標の推移を観察しながら、トレンド分析やオシレーター分析、パターン分析などの練習を重ねることが大切です。

まとめ

為替チャートやテクニカル指標をもとに今後の相場展開を予測するテクニカル分析は、視覚的に判断できるので、FXの初心者でも比較的挑戦しやすい手法です。基本的な知識を身につけて、実際の為替チャートを見ながら練習を続ければ、分析のコツが次第につかめてくることでしょう。