FXの取引に関わる税金の種類と確定申告の方法についてわかりやすく解説!

通常、サラリーマンとして会社勤めをしている人は勤務先が「年末調整」と呼ばれる手続きを済ませてくれるので、自分で確定申告を行う必要はありません。しかし、FXの取引で副収入を稼いでいると、確定申告の必要が生じるケースもあるので注意しましょう。

FXの取引をやっていると確定申告が必要なの?

まず、次の条件をすべて満たす人はFXで利益を得ていても確定申告を行う必要がありません。その条件とは、年収2,000万円以下の会社員で、「FX で1年間に稼いだ利益+給与所得と退職所得以外の副収入≦20万円」であるということです。

言い換えれば、年収2,000万円超の会社員や、年収2,000万円以下でも「FX で1年間に稼いだ利益+給与所得と退職所得以外の副収入>20万円」となっている人は確定申告の義務が生じるわけです。確定申告とは、毎年1月1日〜12月31日までの年間所得にかかる税額を計算し、3月中旬の期限までに所轄の税務署に確定申告書や必要書類を提出する手続きのことを指しています。

専業主婦でもFXの取引で利益が出ていれば、確定申告が必要となる可能性が出てきます。他に収入がなかったとしても、FXの取引で得た利益が基礎控除の38万円を超えていれば、確定申告を行わなければなりません。

また、個人事業主はFXの取引における利益の有無を問わず、確定申告を毎年行う必要があります。FXの取引で20万円超の利益が出ていれば、本業の所得に加えてそちらの申告手続きも行うことになります。

税制は複雑でわかりにくく、「確定申告のやり方がわからない!」という人は少なくなさそうです。そこで、FXの取引に関する確定申告の方法について、以下でわかりやすく説明していきます。

FXの取引に関する確定申告はどうやるの? 

例年、確定申告の受付期間は2月16日〜3月15日で、開始日と締め切り日が土日に該当する場合は若干異なってきます。うっかり忘れていてこの期限を守れないと「期限後申告」として取り扱われ、納税額に上乗せして「無申告加算税」が課されることも出てくるので気をつけましょう。

FXの取引で得られた為替差益とスワップポイントには、税率20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の税金が課されます。復興特別所得税とは、東日本大震災からの復興財源とする目的で2013年1月1日〜2037年12月31日まで徴収されるものです。

税制上、FXの取引で発生した利益は「雑所得」とみなされます。「雑所得」とは、①利子所得、②配当所得、③不動産所得、④事業所得、⑤給与所得、⑥退職所得、⑦山林所得、⑧譲渡所得、⑨一時所得のいずれにも該当しないものです。

ただし、FXの取引で得た利益は他の「雑所得」とは区別して税額が算出される「申告分離課税」の扱いになります。FXで得た利益から、取引にかかった必要経費を差し引いた金額を申告し、納めるべき税額を計算します。

FXの取引で必要経費として認められるのは、売買時や入金時の手数料です。また、トレードの技術を学んだり相場を分析したりするために購入した書籍やDVD、ネット上の有料情報などまで認められるケースもあるので、領収書をきちんと保管したうえで税務署の窓口などで確認してみるといいでしょう。

FXの取引で損失が出ている場合も申告したほうがいいってホント?

本来、FXの取引で損失が出ている場合は確定申告の義務が生じません。しかしながら、実はあえて確定申告を行ったほうが有利になる人もいます。

具体的に言えば、取引所FX(くりっく365)や株式の先物・オプション、CFD(差金決済取引)、商品先物などの取引も行っていて、それらでは利益が出ているという人です。FXの取引で発生した損失は、それらの取引と損益通算を行うことが認められています。

損益通算とは、一定期間内に得られた利益から損失を差し引いてトータルの収支を算出することです。損失分だけ利益の計上を減らせるので、納税額を抑えられます。

これらの取引の収支がマイナスとなった場合、その翌年から最長3年間にわたって損失の繰越控除を行うことも可能です。損失の繰越控除とは、前年の損失を翌年以降の利益から差し引いて税額を計算することです。

ただし、FXの取引で発生した損益と前述した9分類の所得、さらに他の「雑所得」との間で損益通算することは認められていません。

FX会社は確定申告のサポートをしてくれるの?

FXの利益に関する確定申告を行う際には、取引状況について記した記録が必要となってきますが、FX会社や証券会社は各種帳票の発行を行っていますから、気軽に問い合わせてみてください。

また、ホームページ上に確定申告に関する開設コーナーを設けているところも少なくありません。まずはそれらをチェックし、申告の手順などを把握するといいでしょう。

確定申告の書類についても、以前は税務署などの窓口で入手する必要がありましたが、今は国税庁のホームページにアクセスすればプリントアウトできます。申告書の書き方(記入)についても、やはり国税庁のホームページ内に開設されている「確定申告書作成コーナー」(http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm)を利用すれば、ガイダンスに従って入力するだけで簡単に済ませられます。

さらに、所定の手続きを済ませれば、ネット上で作成した書類をそのまま税務署に送信する「e-Tax」も利用可能です。つまり、税務署まで出向いたり、書類を郵送したりする手間が不要となるわけです。

まとめ

FXの取引で年間20万円以上の利益を稼いでいる人は、確定申告の必要が生じます。また、FXで損失を出している人も損益通算が可能な別の取引を行っていれば、確定申告を行ったほうが節税できます。

確定申告という言葉を耳にするだけで手続きが難しそうなイメージを抱きがちですが、国税庁のホームページを活用すれば意外と簡単に書類の作成が可能です。期限が迫ると税務署の窓口が混み合うので、できるだけ早く申告を済ませるのが無難です。