FXの「押し目買い」、「戻り売り」とは?実践するコツを解説!

トレンドフォローで、いかに収益を伸ばすかというときに重要になってくるのが、
「押し目買い」や「戻り売り」です。今回は「押し目買い」と「戻り売り」についてわかりやすく解説していきます。

FXの「押し目買い」、「戻り売り」とは

・「押し目買い」とは
上昇相場で上昇中に買いのポジションを持つのではなく、レジスタンスやサポート、MAなどの何かしらの根拠がある所まで下がって来るのを待ってから買いエントリーをすることです。

・アップトレンドMAでの「押し目買い」
・トレンドが崩れた所で「押し目買い」
・レンジブレイク後の「押し目買い」

押し目買いを使いこなせば、上昇トレンドの中で一時的に相場が下落したタイミング、つまり安く買えるタイミングでエントリーできます。
安く買うことができるため、大きく値幅をとって利益拡大を狙えることが押し目買いの利点です。

・「戻り売り」とは
下降相場で下降中に売りのポジションを持つのではなく、
押し目買いと同様に何かしらの根拠がある所まで上がって来るのを待ってから売りエントリーをすることです。

・ダウントレンドMAでの「戻り売り」
・レンジブレイク後の「戻り売り」
・トレンドが崩れた所での「戻り売り」

戻り売りを使いこなせば下降トレンドの中で一時的に相場が上昇したタイミング、
つまり、高く売れるタイミングでエントリーできます。
高く売れるタイミングでエントリーすることで、大きく値幅をとって利益拡大を狙えるのが戻り売りの利点です。

「押し目買い」と「戻り売り」の方法とは

①フィボナッチを使う
「フィボナッチ」はトレンドの押し目や戻りがどこまで続くか、
トレンド相場で仕掛けている時の引き際がどこか予測できる分析法です。

「フィボナッチ」は直前の上昇(下降)波に対してどれだけ下がるか(上がるか)を割合(%)で示すツールです。フィボナッチを使う場合は「フィボナッチ・リトレースメント」を使うのが一般的です。

一般的には「38.2%」「50%」「61.8%」が押し目になり跳ね返って上昇しやすいとされています。この数字は黄金比になっており、過去チャートからもその有用性は示されています。

61.8%というのは、フィボナッチリトレースメントの元になるフィボナッチ数列の黄金比率の数字でもありますのでやはり重要ですし、50%のラインは「半値戻し」という風に呼ばれるように強く意識される数値になります。

特にフィボナッチリトレースメント61.8%付近まで戻した後というのはその後にしっかりトレンドが伸びるということが多いので、トレンドフォローの押し目買い、戻り売りを仕掛けるタイミングとしてはかなり美味しいポイントになります。

②トレンドラインを使う
トレンドラインは高値、安値の2点が決まればその延長線上に引くことが出来るため、チャートとトレンドラインが交わる3点目以降のポイントを押し目買い・戻り売りのタイミングを計るポイントと見立てることが出来ます。

トレンドラインだけで押し目買い・戻り売りのタイミングを計るのではなく、
「トレンドライン+αの押し目買い・戻り売りの根拠」
で押し目買い・戻り売りを仕掛けた方が勝率は高まります。

順張りを実践するためのコツ

為替相場が上昇もしくは下降している場合に、その流れに乗って注文発注するのが、順張りで、逆が「逆張り」です。

為替レート(為替相場)は、上昇したり、下降したりしますが、その流れ(トレンド)が、どこに向いているかによって、順張りを決めますが、流れのその隙間を狙った逆張りは、根拠があればよいのですが、急激な上昇の手前で逆張りなどをしてしまうと、損失が大きく膨らみます。トレンドを見極めて、トレンドとは逆に動いた後の、順張りが安全なトレードと考えます。基本的に相場の反転にも気を付ける必要があります。

スイングやデイトレの場合ですが、スキャルピングは、その隙間で利益を出します。上昇下降のトレンドは問わず、待機時間も少なく、ストレスもありませんので、スキャルピングトレードはオススメです。

まとめ

押し目買い、戻り売りの最適なタイミングを見抜くには、
押し目や戻り目となる節目をできるだけ正確に見抜かなければなりません。
エントリーのタイミングを判断する練習を重ねて、出来るだけ損失が少ない取引が実現するように経験を重ねていくことをオススメします。