FXの初心者でもサクッとわかる!pipsの意味とその活用方法について解説!

pips(ピップス)とは、FXの取引で用いられている様々な通貨の共通単位です。この記事では、pipsの意味やその活用方法についてわかりやすく説明します。

pips(ピップス)に関する基礎知識を知っておこう

pips(ピップス)はpip(ピップ)の複数形で、pipはpercentage in pointの頭文字を取ったものです。pipは通貨の種類を問わず、交換レートの値動きを意味する単位として用いることができます。

為替レートの値動きについては、たとえば「米ドル/円で1円の円安が進んだ」とか、「ユーロ/米ドルが0.05ドルの米ドル高に転じた」とかいったように、それぞれの通貨の単位で表現すると、変動幅の違いがピンときません。しかし、共通単位であるpipsを用いれば、
通貨ペアが異なっても同じ単位で値動きを表現できるので、変動幅の違いを容易に比較できます。

1pipがその通貨の単位で言えばいくらの値動きに相当するのかは、通貨ペアによって異なってきます。米ドル/円および、クロス円(ユーロ/円や英ポンド/円など)、米ドルストレート(米ドルと他の通貨との組み合わせで、この場合は日本円を除く)ですと、1pip=0.01円(1銭)に相当します。

10pips=10銭、100pips=1円で、「米ドル/円で1円の円安が進んだ」という先程のケースなら、100pipsの値動きになります。

これに対し、米ドルと他の外貨(日本円以外)との組み合わせの場合は、1pip=0.0001米ドル(0.01セント)、10pip=0.001米ドル(0.1セント)、100pip=0.01米ドル(1セント)となります。「ユーロ/米ドルが0.05ドルの米ドル高に転じた」のであれば「100pip×5=500pips」の値動きがあったことを意味し、先程の例では米ドル/円よりもユーロ/米ドルの相場変動のほうが大きかったという事実を把握できます。

FXでは、買値(Bid)と売値(Ask)の差額であるスプレッドを投資家が取引コストとして負担することになります。特に初心者の場合、スプレッドがそれぞれの通貨の単位で示されていると、通貨ペアごとの負担率の違いがわかりづらいはずです。そこで、pipsはスプレッドを示す単位としても用いられています。

さらに、デイトレードのようなわずかな値動きを追求する取引では、トレードの成果についてもpipsを用いて表現されるのが一般的です。米ドル/円が1ドル=104円50銭の時点で買いを入れ、105円まで円安に振れたタイミングで売ったとすれば、50pips(50銭)の値幅を得たことになります。

pipsで損益を計算する方法とは?

FX取引の成果をpipsで判断すれば、取引した通貨ペアが異なっていても、それぞれ利幅の比較が簡単になります。そして、pipsによる成果の判断方法は難しくありません。

計算式は「獲得したpips=(決済時の適用レート-決済時の適用レート)÷該当通貨における1pips当たりの金額」、「利益=獲得した pips×該当通貨における1pips当たりの金額×建てたポジションの数量」です。利益計算例で考えてみましょう。

たとえば、米ドル/円を1米ドル=104円60銭の時点で10万通貨の買いポジションを建て、105円まで円安に振れた場面で決済の売りを入れたと仮定します。このケースで獲得したpipsは「(105円−104円60銭=40銭=0.4円)÷0.01円=40pips」で、達成した利益は「40 pips×0.01円×10万通貨=4万円」です。

一方、ユーロ/米ドルに1ユーロ=1.18米ドルの時点で1万通貨の買いを入れ、1.19米ドルまでユーロ安に振れた場面で決済の売りを入れたケースはどうなるでしょうか? こちらは獲得したpipsのほうが「(1.19米ドル−1.18米ドル=0.01米ドル)÷0.0001米ドル=100pips」で、達成した利益は「100 pips×0.0001米ドル×1万通貨=100米ドル」となります。

上記の利益を確定した際の米ドル/円相場が1米ドル=105円だったとすれば、日本円にして「100米ドル×105円=1万500円」の利益が出た計算になり、先程の米ドル/円をトレードしたケースを大きく下回っています。

しかし、獲得したpipsはユーロ/米ドルのほうが大きかったうえ、取引量が1ケタも少なかったことも事実です。ユーロ/米ドルのトレードのほうが効率的に利益を得られたことが結論づけられるわけです。

なお、数十秒〜数分で取引を完結させる超短期売買のスキャルピングでは、1回のトレードで追求する値幅は3~10pipsが目安だと言われています。もう少し時間軸を長くして1日で決着をつけるデイトレードでは、10〜100pips、数日〜数週間のポジション保有を前提とするスイングトレードでは100〜500pipsが目安となってきます。

誤解を招きやすいpipsの注意点とは?

以上見てきたように、pipsはあらゆる通貨ペアにおける共通の尺度として非常に使い勝手のいいものですが、注意点もあります。まず、米ドルストレートのケースでは特に小数点以下のケタ数が多くなるので、計算間違いをしやすいことがその一つです。

また、FX会社や証券会社によって買値(Bid)と売値(Ask)の表示ケタ数に違いがあることも誤解を招きやすいポイントでしょう。たとえば、米ドル/円において「Bid:105.50、Ask:105.53」と表示されているケースもあれば、「Bid:105.502、Ask:105.534」と表示されているケースもあるのです。

本来、pipsは為替変動の最小値で、米ドル/円では1pips=0.01円になると前述しましたが、後者の表示は小数点以下が3ケタになっています。この小数点第3位の値は0.1Pipsを意味しているのですが、1pipsのことだと誤解されがちなので注意しましょう。

なお、pipsは損切りの判断を行う際にも重宝します。損切りとは、損失の拡大を防ぐために、想定と逆方向に動いたポジションを決済することです。

初心者や経験の浅いトレーダーは損切りをためらいがちで、それが災いして大損を被りかねません。そこで、「為替レートが想定とは逆方向に○pipsの変動を示したら損切りを行う」というルールを定めて、機械的にそれを実行していくのです。

このマイルールを徹底すれば、損失を小さく抑えられるので、大負けするリスクを回避できます。一般的に損切りの目安は、スキャルピングが3~10pips、デイトレードが10〜30pips、スイングトレードが30〜150pipsと言われています。

まとめ

pipsという単位を用いれば、あらゆる通貨ペアの値動きやスプレッドを共通の尺度で測ることが可能となります。異なる通貨ペアの間であっても、自分の投資成果や投資効率などを相対評価するのが容易です。

FXの初心者の場合、最初のうちは戸惑うかもしれませんが、慣れてくると非常に便利なモノサシとなってくるので、値動きをpipsで捉える習慣を身につけるようにしましょう。