FX口座開設方法と取引までの流れを紹介!

口座が開設されるまでの流れは?

FXの取引口座を開設するのは、けっして難しいことではありません。口座を開きたいFX会社を選んだら、そのホームページ上に設けられている口座開設ページにアクセスし、メールアドレスやパスワード、生年月日を入力し、アカウントの仮登録を行います。

すると、登録したメールアドレス宛てにメールが届くので、認証手続きを行って本登録を済ませてから、口座申込フォームで必要事項を記入します。口座申込フォームで記入するのは、氏名(漢字とフリガナ)、生年月日、性別、住所、電話番号、職業、資産状況、投資経験などといった項目です。

記入を終えると、本人確認書類(身分証明書)とマイナンバー書類の画像データやコピーをアップロードもしくはFAX、郵送でFX会社に送ります。本人確認書類に該当するのは、運転免許証、マイナンバーカード、各種健康保険証などで、顔写真のないものは2点用意する必要があります。

本人確認書類を提出後、FX会社は後述する所定の審査を行い、それにパスすると本人確認コードを記載した書類が転送不要の簡易書留郵便で登録した住所に届きます。併せて、登録したメールアドレスに口座開設完了の通知が届くので、ログインを行って本人確認コードを入力します。なお、一部のFX会社では、スマートフォンなどで自分の顔と写真付き本人確認書類をいっしょに撮影してアップロードすると、本人確認が完了するサービスを導入しています。この手続きを行えば、郵送によるログインID・パスワードの受取りが不要で、口座開設を申し込んだその日から取引を始めることも可能です。

最後に、インターネットバンキングやATM、銀行窓口などを通じてお金を口座に入金すれば、FXの取引が可能となります。提携銀行のインターネットバンキングでリアルタイム入金が可能なサービスを導入しているFX会社もあります。

口座開設の際に、審査があるってホント?

FXの取引口座を開設する際には審査があると言われると、目の前にとても高いハードルがそびえ立っているようなイメージを抱くかもしれません。でも、さほど厳格な内容ではありませんから、「審査に落ちたらどうしよう?」などとプレッシャーを感じる必要はないでしょう。

では、口座開設時には具体的にどんなことが審査されているのでしょうか? 簡単に言えば、①取引できる資産を持っているか、②本人が申し込んでいるか、③満20歳以上に達しているか、④申し込み内容に虚偽はないか−−といったポイントをチェックしています。

まず、当然ながら
取引にはお金が必要となってくるので、FX会社にとって①は外すことのできないチェックポイントです。預けている証拠金を超える損失を出した場合に、本人がそれを負担できるかどうかを判断する意味で、保有資産の欄を確認しています。

ただ、FX会社が信用調査機関などを通じて厳格に資産状況をチェックしているわけではなく、あくまで自己申告に基づく金額で見ています。結局、いざという場面で困るのは自分自身ですから、見栄を張らないで持っている資産のおおよその金額を記入しましょう。

入力する金額は、「10万~100万円」や「100万〜300万円」といったように、かなりアバウトな形式になっています。「貯蓄はあるものの、借金もある」とか、「実は過去の自己破産したことがある」とかいった人でも口座開設を拒まれることはありません。

収入についても記入する欄がありますが、これもさほど気にする必要はないでしょう。無職やアルバイト、学生、専業主婦であっても、FXの取引口座を開くことは可能です。

一方で、最も厳格にチェックしているのは②の本人確認でしょう。なりすましなどを防ぐため、提出した免許証やマイナンバーカードのアップロードデータなどといった本人確認書類をもとに、実在の人物が本人の名義で口座を開こうとしているかどうかを確かめています。

③の年齢も審査基準の一つとなっていますが、20歳未満の人でも口座開設が可能なFX会社もあります。ただし、その際には親権者(法定代理人)の同意が必要となるので、あらかじめ了承を得ておきましょう。

④はFX会社に限らず、あらゆる金融取引に共通することでしょう。他人の名義を借りて口座を開設することはFX会社の約款違反(名義貸し)に該当し、その事実が発覚すると強制解約の対象になります。

FXの取引口座を選ぶ際のチェックポイント

審査がそこまで厳しいものではないことがわかったら、気兼ねなく自分にぴったりのFX会社を選んで口座開設の手続きを行いましょう。選定の際にチェックすべきポイントは、①スプレッドの幅が狭いこと(取引手数料もかからないこと)、②スワップポイントが高いこと、③取引ツールが使いやすいこと−−の3つです。

①は取引にかかるコストで、負担が軽ければ軽いほど、利益を出しやすくなります。②は中長期的な投資を考えている人にとって見逃せないポイントで、ポジションを保有している間は日々得られるものですから、きちんと見比べるようにしましょう。

こまめに取引したいと考えている人にとっては、③の取引ツールも軽視できないチェックポイントです。使い勝手が悪いとストレスがたまりますし、注文を出すのに手間取ってせっかくのチャンスを逃してしまうようなハメにもなりかねません。

また、「FXに興味はあるものの、忙しくてほとんど関わっていられない」という人や、「まったくの初心者で、どうやって取引すればいいのかがわからない」という人は、評判の高い自動売買ツールを提供しているFX会社に注目するのがオススメです。各社のホームページやネット上で飛び交っているユーザーの声などを参考に、魅力的なツールを選ぶといいでしょう。

まとめ

20歳以上の人なら、FXの取引口座を開設するのはとても簡単です。しかも、スマホで手間なく本人確認を済ませられるサービスも普及してきたので、思い立ったらすぐに取引をスタートできます。

「どこのFX会社を選べばいいのか決めかねている……」という人も、口座開設するのは無料ですから、とりあえず複数のFX会社で手続きを済ませ、実際にログインして使い勝手を比較してみてはいかがでしょうか。