知っておくべきFX取引の「損切り」についてわかりやすく解説!

「損切り」とは、それ以上の損失拡大を防ぐために決済を行ってポジションを閉じることです。予想とは逆方向に為替相場が動いた場合、流れが反転することを期待してそのまま辛抱し続けても、なかなかその気配がうかがえないというケースがよく見受けられます。

こうして損失が膨らまないためにも、自分なりのルールを決めて「損切り」を敢行することこそ、トータルの収支をプラスにできるトレードの秘訣だと言われています。

FXの「損切り」はどうやってやるの? 

FX取引の「損切り」は「ストップロス」や「ロスカット」とも呼ばれ、自分が想定したシナリオとは違う方向に相場が動いた場合、損失額がまだ少ないうちに決済を行って見切りをつけることです。それによって損失が確定してしまうものの、より大きなダメージを受けることを避けられます。

買いのポジションを建てていたら売り、売りのポジションを建てていたら買いの決済注文を出せばいいだけの話ので、損切り自体はテクニック的にもまったく難しいことではありません。「想定外の方向にいくら(○pips)動いたら……」とか、「現状のレートに対し、想定外の方向に○パーセント動いたら……」とかいった具合に、まずは自分なりの「損切り」ルールを決めておきます。

そして、ポジションを建ててから自分のルールに該当するような展開になった場合は、躊躇せず「損切り」のオーダーを入れます。「損切り」の決済注文が約定した直後に流れが反転する可能性も考えられますが、そのようにならなかった場合は損失が拡大してしまうので、心を鬼にして敢行するのが鉄則とされています。

実際に相場が反転したら、その時点で再びポジションを建てればいいだけの話です。そうすることで、損失が膨らむリスクを回避しつつ、新たなチャンスにもすぐに対応できるわけです。

多くの個人投資家が「損切り」を決断ができない理由とは?

FXの取引における「損切り」の重要性については、外国為替のプロフェッショナルが口をそろえて訴えていることだと言っても過言ではありません。ところが、現実には多くの個人投資家がいざという場面で躊躇してしまい、なかなか「損切り」できないのが実情です。

自分自身で損失を確定させることに抵抗を感じてしまうことや、流れの反転に対する希望を捨てきれないことなど、メンタル的な要因が大きい様子です。また、FXの初心者は、どういったタイミングで行うべきかがピンとこないという人や、損切りのライン(水準)をどのように設定すべきかを決められないという人も多いようです。

目安は、自分がこれまでに利益を獲得できたトレードのおける平均的な値幅よりもはるかに小幅の水準で「損切り」を入れるようにすることです。自分が平均的に得られる利益よりも大きな損失を被ると、当然ながら資金が減ってしまいますし、損を取り返すために大勝負に打って出がちです。

そして、さらに損失を出してしまうというのがありがちなパターンでしょう。そもそも、「損を取り返す」という発想自体が感情的な行動につながるので禁物です。

着実に「損切り」を実行するために、新規のポジションを建てる際に、併せて「損切り」の逆指値注文も設定しておくといいでしょう。逆指値とは、通常の指値注文とは逆で、現在のレートよりも「いくら(○pips)下がったら売る」や、「いくら(○pips)上がったら買う」と指示する注文方法です。

こうしておけば、自分が決めたルールにしたがって粛々と「損切り」が行われます。くれぐれも、途中で取り消さないように心掛けましょう。

FXで「損切り」が重要とされる理由とは?

外国為替市場で高い実績を残してきた伝説のディーラーであっても、自分の予想が外れることは珍しくありません。それでも目を見張るような利益を獲得してきたのは、自分が想定したシナリオと違う展開となった場合に潔く自分の間違いを認めて、ためらうことなく「損切り」を行ってきたからです。

そして、自分の予想が的中した場面では性急に決済を急がず、「損切り」に伴うロスを十分に補う利益を獲得し、トータルで大きな成果を収めています。ところが、FX の取引で失敗している個人投資家の多くは、正反対の行動を取っているのです。

それは、「損切り」が遅くなって損失が大きくなりがちになる一方、相場の流れが変わるのが不安で利益確定は急いでしまい、トータルでは資金が減っていくばかりというパターンです。しかも、最後まで「損切り」に踏み切れず、ついには強制ロスカットに至ってしまうというケースも少なくありません。

強制ロスカットとは、為替差損の発生によって口座残高が減少し、所定の証拠金維持率を割り込んだ場合に自動的に執行される決済です。強制ロスカットになる証拠金維持率はFX会社によって異なりますが、そこまで追い込まれる前に自分自身で「損切り」を行うのが賢明です。


FXの取引で成功するために最も必要とされるのは、自分自身でリスクをコントロールすることです。具体的に何をすべきかと言えば、過度に高いレバレッジを効かせないことと、強制ロスカットに至る前に自分で「損切り」することの2つです。

まとめ

損失が確定してしまうことには抵抗を感じるでしょうが、「損切り」を徹底しないと、致命的な大ケガをしかねません。自分が一度のトレードで稼げる利益を超える損失を繰り返していると、やがて資金が底をついてしまうのは明白です。

とはいえ、自分自身でリスクはコントロールできますし、それは難しいことでもありません。口座残高に対して大きすぎるポジションを建てないように心掛け、強制ロスカットになるライン(水準)よりもはるかに手前の地点で「損切り」が執行される逆指値を入れておくようにすればリスクは抑えられるのです。